友達の披露宴に出席をする為にキャッシングをしました。

20代前半の時に、実家で暮らしながらアルバイトをしていました。

 

その時のアルバイトのお給料は大体8万円ぐらいだったので、いつもお金に余裕がありませんでした。
家にも少しですがお金を入れていて、毎月かかるお金をのぞいたら自由になるお金は3万円ぐらいだったので、貯金も出来ませんでした。

 
そんな時に高校時代の友達が結婚をする事になり、披露宴に招待されました。
披露宴に参加するのは初めてだったので、着て行く洋服などの準備もなく全て新しく購入するしかありませんでした。
洋服や靴、バッグなどの購入費用と披露宴のご祝儀や二次会の会費などで、10万円はかかると思いました。
当時は貯金が全然なかったので、お金をどのように工面するか悩みました。

 

 
毎月のお給料を貯金する事なく、全て使い切ってしまっていた事にとても後悔をしました。
少しずつでも貯金をしておけば、このような時にお金に困る事はなかったと思います。
親に相談をしてお金を借りようかとも思ったのですが、中々言い出す事が出来ませんでした。

 
もう二十歳を超えているのに、貯金が全然ないという事を知られる事が嫌で、結局キャッシングを利用しました。
キャッシングを利用したのは初めてだったので、とても緊張した事を覚えています。

 
借りた10万円で無事洋服などの準備が出来、披露宴と二次会に出席する事が出来ました。
返済は月々1万円ずつだったのですが、元々お金に余裕がなかったので毎月1万円の返済は厳しかったです。

 
キャッシングをして思った事は、全然貯金がないと突発的な出来事が起こった時に困るという事でした。
キャッシングの返済と貯金をする為に、もう一つアルバイトを増やしてダブルワークをする事に決めました。

 

 
ダブルワークをする事によって、毎月のお給料が合計で11万円程になり、返済も貯金も出来るようになりました。

 

 
それ以来、いつお金が必要になるかわからないので、貯金をする習慣をつけて突発的な出来事に備えるようになりました。