毎月キャッシングをする習慣を無くし節約

一人暮らしをしていた時に、お金に困ってよくキャッシングをしていました。
当時、正社員で働いていたのですが、毎月のお給料は手取りで12万円程でした。
ボーナスも10万円前後の時が多く、経済的に厳しかったです。

 
毎月生活費が足りなくなると、キャッシングでお金を借りていました。

 
毎月1万円から2万円ぐらいキャッシングで借りる事が当たり前になり、返済もいつまでたっても終わりませんでした。
そのような状態が2年程続いた時に、同僚との話で愕然とした事がありました。

 
同僚も私と同じようなお給料、同じような環境だったにも関わらず、毎月貯金をしていて、ある程度まとまった貯金額になったと言っていて驚きました。

 

ハッキリ言って借金の返し方は難しいのが本音!

 

こちらを参考にしました!

 
こんなに少ないお給料で、どのように貯金をしたのか聞いた所、お給料が出たら毎月決まった金額を貯金して、残ったお金で生活をしていたら貯金が増えていったと言っていました。

 
私は毎月キャッシングをしていたのに、同僚は毎月貯金をしていた事が衝撃でした。

 
少ないお給料だから貯金が出来ないと決めつけて、足りない分はキャッシングをして過ごしてきた事を反省をしました。
これからはキャッシングに頼らないで、毎月のお給料だけで生活をしようと決意しました。

 
毎月1万円から2万円をキャッシングしていたので、その分節約をしてお給料の範囲で生活をするという事を目標にしました。
今までキャッシングをしてきた分の返済もあるので、今まで以上に経済的に厳しくはなりましたが、日々の節約を心掛けて無駄なお金を使わないように気をつけるようになりました。
改めて生活を見直してみると、今まで無駄使いをしていたなと思う所が結構ありました。

 

 
会社でのランチにコンビニのお弁当を食べたり、会社帰りにカフェでお茶をしてしまったりとお金を気軽に使っていました。
仕事に行く度に細かいお金を結構使っていたので、自分でお弁当を作り飲物も水筒に入れて持って行く事によって、細かいお金を使わないように気をつけました。
 
会社に行く時に持って行く現金は千円だけと決めて、その千円はスーパーでの食材を買う為に使うようにしました。
気軽にお金を使わないようになってからは、キャッシングをしなくても生活が出来るようになりました。
毎月の返済をしながら、少しずつですが貯金も出来るようになったので生活を見直して良かったと思っています。